読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりFab Lab宇都宮(旧:宮のレーザー加工所)

レーザー加工機・3Dプリンタ・卓上旋盤・卓上フライスなどなど。。趣味で集めた機械での遊びを発信するブログ。工作機械全般の話になってきたので題名変更しました。

ボール盤のメンテナンス

先日、中古のボール盤を購入しました。

新品で手が届く価格帯では中国製の機械しか手に入りません。

しかしながら耐久性も精度も程度の良い国産中古の方がよっぽど

良いとの情報だったので探して購入しに行くことにしました。

 

ちなみに探したサイトは

www.zenkiren.net

という所で、中古機械を取り扱う会社が共同で運営されているそうです。個人でも相手してくれますし、色々な会社の在庫を検索できるのでありがたいですね!

f:id:knob_create:20150625000552j:plain

で、購入したのがコチラ。ポストのサビ加減から程度を判断して引取に行きました。ちなみにエンコースのESD350Sという機種で年式は不明、35000円。中古機械屋の方が言うには程度が良ければ古い国産機械のほうがコストダウン入ってない分品質が期待できるとの事。ボール盤はベルトカバーが樹脂になってる物は新しい目の印だそうです。機械の重量は75キロあるので積み込みも積み下ろしも大変でした。一人では当然無理なのでベースをバラして便利屋さんを一人お願いして搬入しました。

 

で、肝心の精度ですが、まず主軸の上下を担当する軸にブレやガタはありませんでした。この状態の主軸を手で揺すってもダイヤルゲージの針は動きません。ここにガタがあると再起不能との事だったので一安心です。

f:id:knob_create:20150625000540j:plain

 

つぎに主軸のフレです。真円度の保証されたテストバーは無いので太めのドリルを咥えてその軸で計測しました。両振りで90μm程度、メーカーの出荷基準は主軸で30μmだそうですが、、、とりあえず現状確認できたのでよしとします。

f:id:knob_create:20150625000542j:plain f:id:knob_create:20150625000543j:plain

 

次はテーブルと主軸の直交度合いを調べます。ダイヤルゲージをスタンドごとチャックに咥えさせて、回しながら台の前後左右の高さの差を測ります。結果、左右で140μm程度あります。結構差があるので調整することにしました。

f:id:knob_create:20150625000544j:plain f:id:knob_create:20150625000546j:plain

 

ちなみに作業中はベルトを外しておいたほうがスムーズに軸を回せるので良いです。

f:id:knob_create:20150627183226j:plain

 

テーブル下のボルトを2本緩めるとテーブルを傾けることができます。

あとで判った事なのですが、緩める量は最低限にしておかないとテーブルの前後の傾きに影響がでるようです。

f:id:knob_create:20150627183222j:plain  f:id:knob_create:20150627183224j:plain

 

あとは先ほどと同じようにゲージで測りつつ高い方をゴムハンマーで叩きながら揃えていきます。ボルトの締め付けでも精度が狂わないか慎重に締めつつ測りつつを繰り返して最終的にはほぼ10μm以下に追い込むことが出来ました。

f:id:knob_create:20150627183231j:plain f:id:knob_create:20150627183229j:plain 

f:id:knob_create:20150627183232j:plain f:id:knob_create:20150627183230j:plain

 

こちらのテーブルは250mmの巾を持っているので精度としては25mで1mm傾いているかどうか・・といったレベルになります。