読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひとりFab Lab宇都宮(旧:宮のレーザー加工所)

レーザー加工機・3Dプリンタ・卓上旋盤・卓上フライスなどなど。。趣味で集めた機械での遊びを発信するブログ。工作機械全般の話になってきたので題名変更しました。

UVレジンと薔薇の刻印

なんとなく、手元にあった赤いアクリルと黒いアクリル板で薔薇の刻印を作ってみました。最初は接着剤で貼り合わせようと思ったのですが、白くなるのは必至だったので最近はやり(?)のレジンで固めてみる事にしました。 手元にあったUVライトで固めて、、本…

まどマギのグリフシードのステッカーを作ってみた。

前回に続いてまどマギのグリフシードのステッカーを作ってみました。 作ったものにはあまり興味が無いのですが(笑) 非常に細かいのでカット条件を幾つか比べてみました。その一例を↓に 上から ①7% 20mm/s ②7.5% 20mm/s ③7.5% 50mm/s ④9% 50mm/s です。 ①は…

レーザー加工機で表札を作ってみました

久しぶりにマトモ(?)な物を作ったのでブログを更新する気になりました。 現在ある物件をリフォームして引っ越しをする計画を進めているのですが、 外壁・屋根再塗装 クロス貼り替え 内窓完備 一部間取り変更・・・・とすすめていくとかなりの額になるんで…

サブディスプレイケースを改良しました。(UPDATE HISTORY)

好評を頂いているケースですが、お求めされたお客様からDPケーブルのコネクタ部がケースに干渉するご報告を頂きました。 a costmor who bought this LCD case told me that his DP cable touch on case and could not join it. 確かにケーブルとケースは手持…

ケースの在庫 Stock of Case

現在、ipad液晶ケースについて 1台の在庫がございます。ご連絡頂ければ直ぐに販売できますので興味のある方はご連絡をお願いします。 knob.create@gmail.com Now , I have one stock of ipad LCD sub-display case.you can get it immediately.Please contac…

アガチス板材 t:3mm

木材の加工をしました。 カット 5mm/s 50% 彫刻 400mm/s 28% で、ちょうどいい感じです。

Shipping fee , Acrylic case for ipad retina LCD with abusemark bord.

Shipping fee to send case from japan to.... Asia 16$ for one case 21$ for a couple of case Oceania,North America,Central America,Near and Middle East 21$ for one case 28$ for a couple of case Europe 24$ for one case 33$ for a couple of cas…

ポンプの改善作業

付属のポンプは本体のステップアップトランスの出力を使って駆動しているため、本体の電源カットとともに水の循環が止まってしまいます。連続駆動の後はレーザー管が十分に冷却されるまでは水を流し続けたほうが何となく良い気がしていました。 また、タンク…

ipad液晶+Abusemark サブディスプレイケースを作ってみた

久々の更新です。というのもこの作品を作製しようとした矢先にレーザー管が破損するトラブルに見舞われており、代替品を手に入れるまでネタがありませんでした。 今回作製したものはアクリルを使ったケースです。中に入れるものはごく一部で人気のipadの液晶…

タブレットをANDROIDアプリのTASKERを用いてバイクナビ化する(ソフトウェア編)

前回の続きで、TASKERの設定についてです。 TASKERは有料アプリですが、期限付きで無料のAPKが配布されていますので お試しに入れてみればいいと思います。かなり便利なアプリですので、 お金を払う価値はかなりあると思います。 ①アプリを立ち上げると、こ…

Honda PCX125 タブレットホルダーの自作

今回はレーザー加工機で作製したバイク用タブレットホルダーのご紹介・・ 対象のバイクはこんな感じ(メーカーHPより)普通のHonda PCX125に社外品の屋根をつけています。 まず図面から、基本構成はM8の高ナット+寸切+イモネジの3点で作っています。 高ナッ…

エヴァンゲリオンのエマージェンシー風タイル 完結編

前回の透明抜きのタイルではリアリティが低いので、赤の半透明アクリル板をベースに黒い部分は塗装で再現したものを作製しました。 まずはデータ、彫込のレイヤーと外枠のカットレイヤーを分けて作製します。 次に加工機に転送します。まずは彫込(ENGRAVE)…